令和2年度  学校運営方針
群馬県立渋川工業高等学校
令和2年4月1日

1 教育目標
  個性の伸長を図るとともに、自ら考え判断し、産業社会で意欲的に活動する、誠実で
  思いやりのある人材を育成する。


2 学校運営方針 
  (1)安心・安全な学校
      いじめの根絶と安全教育を推進した、危機管理の充実した教育活動
  (2)信頼のある学校
      全教職員の共通理解と協力に基づく教育活動
  (3)開かれた学校
      家庭・地域と連携し、広報活動の充実した教育活動
  (4)創意工夫する学校
      社会の変化や生徒の多様化に対応可能な、創意工夫に満ちた教育活動

3 指導の重点
(1)安心・安全な学校生活
   ・授業、部活動や課外活動における、安心・安全な学校環境づくりに取り組む。
   ・きめ細かい生徒指導や教育相談により、いじめのない人間関係づくりを推進する。
(2)学力の向上
   ・基礎的・基本的な知識及び技術・技能を定着させ、生徒一人一人の学力の向上を図る。
   ・進路実現のため、目標を持って主体的に学べるよう習慣づける。
(3)健康で創造力に富む豊かな心の育成
   ・部活動や文化的活動を推進し、健康な体づくりと心の成長を促す。
   ・学校行事や生徒会・委員会活動等で、生徒の主体的活動の場を多く設定する。
(4)社会性の育成
   ・ボランティア活動、地域への貢献活動、就業体験、研究発表等を積極的に行う。
   ・社会の一員としての自覚が深められるよう、生き方や在り方を考える場面を多く設定する。